絶対借りれる消費者金融

絶対借りれる消費者金融!?ビックリするほど簡単に利用できました!

ぼくは今年でもう28歳になりましたが、いまだアルバイトで生活しています。親からはいろいろ言われることもあるんですけどね、まあアルバイト生活が気に入っているので、社員になろうというような考えはまだありませんね。親のすねをかじらないと生活できないならまだしも、一応親元からは独立して生活していますから。自分の稼ぎで食えなくなるまでは、このまま行きたいと思っています。

気楽なような、綱渡りなような、よくわからない毎日を送っていますけど、基本的にはお金に困ることはありません。アルバイトとはいえ、多いときは一日中働いていますし、ぼくはそこまでお金のかかるような趣味や人付き合いも持っていませんので、低収入でも案外困らないんです。

ですが、やっぱり何か特殊な出来事があると、ちょっと厳しいんですね。少し前に、ぼく転居したんです。前に住んでいた場所も気に入っていたんですけど、ちょっと不便な場所でもあったので、前々から引っ越したいというのはあったんです。

実際に引っ越すのはやっぱり面倒もありましたから、何となくズルズル伸びてたんですが、友人のツテで新しいアルバイトの口も紹介してもらえることになっていたので、思い切ってこの機会にと思ったんです。

それで、引っ越しに関する費用は何とかなったんですが、新しく契約したアパート部屋の敷金・礼金だけはちょっと苦しかったんです。転居するのは久しぶりだったので、初期費用の高さを忘れていまして……。

どうしようかなーと思ったんですが、もう気分は転居に傾いていたので、今さら中止するのもなぁというところだったんです。そこで友人にちょっと相談してみたら、消費者金融の利用を勧められました。ぼくはあまり友人から借りたりするのが好きじゃないので、できればそれがいいなとすぐに思いましたね。

ただ、自分の立場が社会的にどういう評価を下されやすいのかは知っているつもりです。消費者金融で借入ができるか、内心の不安は小さくありませんでした。でもお金を借りられないことには転居も厳しいですし、なんとか借りられるように、できるだけ借りやすそうな消費者金融を探すことに時間を使いました。

そうやって探した消費者金融の中の一社を選び、実際に申請をしてみたんです。すると、ビックリするほど簡単に借りられてしまったんですね!ぼくはもっと慎重に審査がされるものと覚悟していましたから、拍子抜けするくらいでした。

でもまあ、借りたかったお金が借りられたのですから、文句なんてありません。こちらの希望額通りに借りられましたから、結局これで転居の見通しが立ったんです。後はトントン拍子でした。お金を借りて2週間後に、今住んでいるこの部屋に引っ越すことができたんです。

新生活は順調です。前の部屋に住んでいたときも楽しい毎日でしたけど、今の方がもっと楽しい感じがしますね。お金がないのに転居するのはどうかなというのはちょっと引きずっていたんですが、これなら転居して正解だったと思えています。ぼくにもすんなりお金を貸してくれた業者さんには感謝しています。利用してよかったです。

消費者金融会社、ランキングを参考に自分に合った会社を探す!

消費者金融は有名な会社から初めて聞く会社までたくさんあってどこでお金を借りたらよいのか悩みますね。

そんな時には消費者金融のランキングを見て参考にするのも一つの手ですね。ランキングには低金利ランキングや人気ランキングなどいろいろありますが、どのランキングにもテレビCMなどで聞いたことのある会社が上位にランクインしています。やはり、知名度のあるところが人気です。

それは、消費者金融といえばお金を借りるところなので、大手やある程度の知名度があった会社の方が、全く名前を聞いたことのない知らない会社よりは信用でき、安心して利用できるからです。また、銀行系の消費者金融は低金利でバックも銀行なので暴力団とのつながりもないという安心感があるので人気があります。

他にも、インターネットなどで申し込みがしやすいところや、審査時間が30分程度で即日融資が可能なところ、融資限度額が500万など限度額が高いところ、返済がしやすいところなどが人気の要因になります。

すぐにお金が必要なときは即日融資可能な会社、負担をなるべく少なくしたいなら低金利の会社、確実に返済をするために口座引き落としのある会社、すぐに返済をする予定なので無利息期間のある会社を選ぶなど、どの会社が良いかは、あなたの条件次第!ランキングで上位の会社を参考に自分の収入や収支のバランスを考え、いくらをいつまでに返済する予定なのか計画を立て自分に合った会社を選びましょう。

レディースローンで快適に借り入れを!

レディースローンを知っていますか?

その名の通り、専業主婦やOLなどの女性の方のお金の借り入れを対象にした女性専用の商品になります。

対応するオペレーターも女性を多くし、キャッシングについて不安のある女性が質問しやすいようにしています。異性の男性よりも同性の女性の方が聞きやすいこともありますね。また、消費者金融に対して怖いというイメージを持っている女性には、女性専用窓口を用意することで消費者金融が利用しやすくなりますね。

その他の条件などは、他の商品と同じで年齢は20歳~69歳までの安定した収入のある方。もちろんパートやアルバイトでも安定した収入があれば借りることができます。

申込みをしたら審査があり、年収、勤続年数、居住形態などの個人情報を元に信用情報機関へ照会して、今までの借り入れ状況を入手するので最短30分程度で審査の結果がでます。

つまり、レディースローンは女性だからと言って特に審査に有利、不利ということはありません。借り入れを申し込む時の窓口での対応が女性のオペレーターであったり、質問する相手が女性のオペレーターで質問しやすいといったものになります。特長としては対応面で、同性に聞くことができるといったメリットがある商品になります。

女性でも気軽にお金を借りることができるように工夫された「レディースローン」。「男の人に質問したり、申し込むのは気が引ける」「できれば女の人に対応してもらいたい」という女性には、こちらの商品を利用すると安心して借入することができるのでお勧めです。

お金を借りる前に返済額のシミュレーションをするのがおすすめ!

お金を借りる時には返済額が気になりませんか?

30万円借りたいけど、月々の返済額は一体いくらになるのか、いつまで返済は続くのか、そんなことが申込み前に分かると返済の計画が立てやすく前向きに借り入れを検討できそうですね。

そんな時には返済額のシミュレーションがおすすめ!

大手消費者金融会社のホームページには返済額シミュレーションがのっているところがあります。そこで借入希望額と返済期間を入力すると毎月の返済額が分かるようになっています。反対に、借入希望額と月々の返済希望額を入力すると返済期間が分かるようになっています。

「いつまでに返したい」という期間が決まっているのなら、借入希望額と返済期間の入力をして、「月々いくらまでなら返せる」という金額が決まっているのなら、借入希望額と月々の返済希望額を入力するとすぐにシミュレーション結果が出ます。審査ではないのでシミュレーションをしたからと言って借り入れをしなければいけない訳ではありません。またシミュレーションは参考程度のモノなので誰でも気軽にシミュレーションに入力して結果が分かるようになっています。

自分に合った返済期間や月々の返済金額が分かると、借入希望額も自分の収入に合った金額に変わってきます。現実感のある借入希望額になってくるのではないでしょうか。

シミュレーションを上手に利用して無理のない返済計画を立て、返済に追われることのない生活を送りましょう!

お金を借りる時の審査は最短30分程度!審査してみる?

「お金を借りる時の審査って何をするの?」っと不思議に思ったことはありませんか。審査に通らなくて「何でだろう」なんて思ったことはありませんか。

審査では一言でいうと、「返済は確実にしてもらえるのか」という返済の確実度を見ます。

例えば借りようと思っている金額は返済可能な金額なのか、無理なく返済できる金額なのか年収から審査します。

また勤続年数から急に仕事をやめて返済が困難になるようなことにならないか継続して勤務できるのか審査します。

居住形態から持ち家なのか、賃貸なのか、持ち家なら戸建かマンションか、住宅ローンは組んでいるのかなど審査します。

他にも会社によって審査内容は様々で、審査基準も様々です。だから、A社の審査に通らなかったからB社の審査にも通らないといったものではありません。ただし、一度に数社の審査を申込むのは借り入れに切羽詰っている印象を与えるので、本当に返済をしてもらえるのか不安になるため審査に通りにくくなります。

消費者金融なら、最短で30分程度あれば審査ができます。信用情報機関から情報を入手するので今までに他の消費者金融で借り入れをしたことがあれば情報が共有されるので、審査時間が少なくて済みます。逆に言えば、消費者金融同士で情報を共有しているので申込みをする時には正直に申請をしましょう。下手に誤魔化したり、ウソの申請をすると信用性が失われ、逆に審査に通らないことになります。

ネット上の仮審査では10秒もかからないほどすぐに結果が出るので、時間に余裕がない方や、すぐに融資をしてほしい時にとても助かります。¥

消費者金融から低金利で借りるには

お金を借りる時には、なるべく低金利なところを探しますよね。低金利での借り入れは月々の支払いが少しでも少なく済みますね。

借入金額や返済期間にもよりますが、金利が1パーセント違うだけでも、返す金額には大きな差がでてきます。

さて、低金利といえば銀行系の商品は比較的金利が低いと言えます。利用限度額も高いところが多く、審査に通るのなら銀行系のカードがお得だと言えます。しかし、“審査に通るのなら”と言った通り、審査は厳しいです。審査内容は年収、勤続年数、居住形態など様々な情報を元に行いますが審査基準は会社によって違うので一概にどうこうは言えません。

銀行系で審査が通らなければ消費者金融になります。消費者金融は銀行ほど審査が厳しくありません。その分、金利が少し高くなり、利用限度額も銀行より低めの設定のところが多いです。

金利は、審査が甘いところほど高めになる傾向にあります。なぜなら、もし借り入れをした人が返済できなくなった時でも利息分で会社の損害を補えるようにするためです。利息は会社の利益であると同時に、もしものための備えにもなっています。

つまり、お金を低金利で借りようと思ったら借りる予定の会社から“この人なら返済してもらえる”と信用してもらえるかが重要になってきます。審査用の個人情報と今までの借り入れ情報、収入と収支のバランスを見て返済の意思があり、返済能力が高いと判断されれば、低金利で借りることができます。

消費者金融の借り換えは低金利がポイント!

消費者金融から借りている月々のお金の支払いを少しでも安くしたいと思いませんか?

そんな時は借り換えを検討してみてはどうでしょうか。

借り換えとは今借りている金額を新たに契約する会社が全額支払い、現在借りている会社から新たに契約する会社へ借金を移すことです。

そのため今、どのくらいの金利でお金を借りているのか。支払いの負担を減らすことが目的なので新たに契約をする会社の金利はどのくらいなのか、しっかり把握することが重要です。

現在借りている会社より金利が低いところを見つけたら、借り換えを考えてみると良いでしょう。

その他にも、複数の会社から借り入れをしているのを、一社にまとめることもできます。例えばA社から○万円、B社から○万円、C社から○万円借りているのを、新たにD社と契約をしてD社のみからお金を借りるということです。この場合はD社がA、B、C社へお金の返済をして「支払先をD社だけにまとめる」ということになります。

借り入れをしている会社を一社にまとめることにより、いくら借りているのか把握しやすくなり、あといくらで完済できるのかなど分かりやすくなります。返済日が一つになるのも返しやすくなるコツで何日までにA社の支払、何日までにB社の支払と考えなくて済みスッキリします。

低金利で借り換えをしようと思うと、銀行がお勧めです。消費者金融の借金だから、消費者金融で借り換えをしなければいけないと言うことはありません。審査を申込むときは正直に答えることが受かるコツです。下手に隠しても信用情報機関で調べるとすぐに分かります。そのためウソをつくと、信用がなくなり借り換えが難しくなります。

金利の低いところを探して、正直に審査に答え返済の負担を軽くしましょう。

お金を借りたい時にスピーディーに利用できる会社は?

「お金が足りない!」「あと○○円必要!」と、なった経験はありませんか。また、その時にどんな選択肢が思い浮かびますか。

銀行のローンを利用する。消費者金融で借り入れをする。など、人によってさまざまでしょう。

消費者金融ではアルバイトや専業主婦など、収入が安定していない人でもお金を借りたいニーズに応えます。お金の使い道も自由です。

もちろん無担保・保証人なしです。審査もスピーディで30分程度です。審査に通ると借りたい時にすぐに借りることができるので、急ぎで必要なら申込みをしたその日に借りることもできます。

また消費者金融は銀行のローンに比べて借入限度額が低く、金利は高めになるので利用しづらく感じますが、実は銀行の利息は1か月単位で行うので、もし1か月未満に完済しても利息は1か月分取られます。消費者金融の利息は日割り計算。つまり、1か月たたない程度の短期間で借り入れしようと思うと、消費者金融の方が安く借りれることもあります。

会社によっては1週間から30日間無利息期間というシステムをとっている消費者金融もあります。その場合は、期間内は無利息なので借り入れした金額だけを期限内に返済すると利息0です。

以上のように確実に期限内に返済ができるのであれば、銀行ローンよりも安く借りることができる消費者金融を利用してみてはどうでしょうか。ただし、期限内に返済が終わりそうにないなら、利息が高くなる事も考慮して利用した方が良いでしょう。

消費者金融の返済方法にボーナス払いは向いていない?

あなたの勤務先ではボーナスはありますか?

代表的なのに夏のボーナスと冬のボーナスがありますが、毎回支給がありますか?

ボーナスは支給のある会社と無い会社があり、ある会社でも不況の影響で無くなったり、支給はあるけど金額が減ったりします。

つまりボーナスは会社の経営状況によって貰えたり、無かったりするものなのです。そんな風に確実にもらえるとは限らないボーナスをあてにして消費者金融からお金を借りるのは止めておいた方が身のためでしょう。返済をする時になってボーナスが無く支払いができなくなっては困ります。お金を借りる時は確実に入る収入から返済計画を立てましょう。

逆に、ボーナスをあてにせず、無いものとして返済計画を立てていたけど、うれしいことに支給があった!そんな時には、貯金したり、趣味のことに使ったりするのも良いのですが、消費者金融に繰り上げ返済をしてみてはどうでしょうか。

繰り上げ返済にはメリットがあります。普段の月々の支払では元金と利息を合わせた金額を支払っているのでなかなか元金が減りません。しかし繰り上げ返済では元金が減るので、予定よりも早く返済が終わる可能性が出てきます。

また、貯金の利子と借金の利息のどちらが高いですか?もし、利子より利息の方が高いなら、お金を預けるよりも借金を返した方が結局は預けるよりも個人資産は増えます。そして、早く完済することにより気持ちにゆとりが持てるようになります。

ボーナスでお得な繰り上げ返済を利用してみてはいかがでしょうか。

借金しても無利息期間でお得に返済!

消費者金融でお金を借りるときには利息が気になりますよね。

できることなら、あまり利息は払いたくないと思いませんか?

そこでお勧めなのが無利息期間のある消費者金融。1週間のところから30日間のところがあります。しかも完済すると何度でも利用可能というところもあり、うまく利用して無利息期間の間に完済すると、翌月もまた無利息で利用できます。

ただし、ここで気を付けておきたいことは無利息期間が過ぎたときの利息。名前を聞いたことのある大手消費者金融会社では無利息期間を過ぎたら低金利で設定してあり、返しやすいところもあります。その場合は問題ないのですが名前を聞いたことのない会社でお金を借りると無利息期間が過ぎると高額な金利が設定してあり、とても払えない金額になってしまうことがあります。

無利息期間はとても魅力的ですが、まずは期間内に払えるかどうかがポイント。そして無利息期間が過ぎた後の金利はどのくらいになるのか把握してから借り入れをすることをお勧めします。

無利息期間内に支払いが終わらないようなら、初めから低金利のところで借りた方が結果としては安く済んだということもありえます。

自分の収入と支出のバランスを考えて、いくらまでなら無利息の期間中に払い終えることができるのか。期間内に払い終えないなら初めから低金利で借りた方が安く済むのか、目先のお得に誤魔化されず後のこともしっかり考えてから計画的に借り入れをしましょう。

借金の一括返済で総支払額を減らそう!

借金の一括返済を知っていますか?

借りているお金を消費者金融に1回で残金全てを支払うことです。

消費者金融では月々の支払額は借りたお金の返済と利息を合わせた金額になります。利息は日割り計算なので、借りている期間が長ければ長いほど利息も多く支払うことになります。ですので、一括返済をすると支払期間が短くなる分、日割り計算の利息が少なくなるため、総支払額も少なくなります。

もちろん消費者金融は利息でなりたっています。利息があるから会社の利益があり、会社として成り立っていますし、他のお客様へお金を貸すことができます。そのため利息が減ったら会社側は利益が減るのですが、大前提にお金を返してもらうことがあります。返済が滞ると会社には損害が出てしまいます。

つまり、一括返済をすることで消費者金融側も確実に貸したお金を返してもらえるし、借りた側も利息分総支払額が安く済み、返済も終わってスッキリするので、まとまったお金が用意できたのなら、消費者金融に電話をして一括返済を申込んでみてはどうでしょうか。

ただし、消費者金融の利息が日割り計算のため「この日に支払う!」という日を決めてから申込まないと利息の計算ができず、金額の確定ができません。

そして支払う日を決めたら、その日に確実に支払いをしましょう。もし、その日に支払いができなかったら、もう一度金額の計算をしてもらう必要が出てくるので、もう一度電話をすることになります。