お金を借りる時の担保の有無と違いは?

お金を借りる時は無担保ローン?担保ローン?違いは?

「担保」という言葉をきいたことがありますか。

担保とは、もしもお金の返済ができなくなった時でも会社が損をしないために貸す側が備える保険のような物です。

そのため銀行や信販会社でお金を借りる時には担保や保証人を必要とします。担保は借りる額と同じ程度の金額の物を充てます。保証人も借りた人が何らかの理由で払えなくなった時に、借りた人に代わってお金を払うことになります。

代表的なものに住宅ローンがあります。住宅を購入するための資金を銀行から借りる代わりに、その住宅を担保にします。何らかの理由でローンが払えなくなってしまったら担保になっていた住宅は銀行の物になります。そして銀行がその住宅を売ることになり、売れたお金を銀行が受け取り、貸したお金の不足分に充てます。

しかし、消費者金融ではこの担保を必要としていません。けれど担保がないと返済が滞った時に貸す側の資金が無くなっていき会社としての機能が果たせなくなってしまいます。そのため貸す側は担保の代わりに利息を高くして、返済が滞った時でも今までの利息分で補てんし、あまり損が出ないように備えます。

また、お金を貸す時に返済意思があるのか、収入や勤続年数、居住形態などを考慮して希望している借入額は返済可能な金額なのか、など独自の調査を行い担保がなくてもお金を貸して損をしないか見極めます。そして、その独自の調査の結果によって希望している金額を貸すか貸せないか判断をします。